ブログ BLOG

代表的な病気

頭部を打撲した際には、
注意が必要です

頭部を強く打った際には、12~24時間の間は注意してください。頭の中の出血が激しい場合、24時間以内に何かしらの症状が出始めます。患者様は安静にしつつ、パートナーやご家族は注意して確認するようにしてください。

deco 頭蓋内出血

頭を強く打った場合、脳や頭蓋内に出血を起こす場合があります。また、その出血量によっては重い後遺症や重篤な事態を招くケースもあり、頭の出血は衝撃を受けた直後から始まりますので注意が必要です。
症状が強ければ出血量の多さも比例しており、出血が緩やかな場合は症状も遅れてきます。一般的に24時間何もなければ大丈夫ですが、頭部に強い衝撃を受けた場合は念のため受診ください。

deco 脳震盪

頭を強く打った直後から、数分の意識消失があれば脳震盪の可能性が高いです。また、ふらふらしたり、言語能力が低下したりしている状態がしばらく続いた場合もその疑いは強いです。
軽いものであれば症状は数分程度で治まりますが、ひどい場合は数週間持続します。異常がない場合でも医師の指示に従い、安静にしましょう。

deco 頸椎損傷

スポーツによる外傷や交通事故などによるけがは、頸椎などを損傷している可能性があります。
頸椎損傷は命にかかわる重篤な状況を招くことがありますので注意が必要です。神経系の障害により、全身麻痺や呼吸機能にかかわる症状が出る可能性もあります。

deco 顔面骨折

顔面を強く打った場合は、顎や鼻など、顔の一部が骨折する可能性があります。
顔面の感覚が無くなったり、物が二重に見えたりする、鼻を骨折している場合は鼻血が出るなどの症状がみられます。異常を感じた場合はすぐに受診しましょう。

deco 頭皮の傷

頭皮は血管がたくさん通っているため、血流や出血量が多くなる可能性が高いです。
出血した場合は、流水で流して清潔にしてからタオルなどで圧迫し、速やかに受診しましょう。